保育所が足りない!待機児童対策について


都市部に集中
待機児童の問題や保育所の設置不足は、都市部に集中しています。生活に便利で仕事もしやすい都市部は多くの人たちが集中して住んでいることで、子育ての世帯も都市部に集中しています。そのため多くの子供たちが都市部に集中して住んでいることで現在の保育施設では数が足りていません。そこで都市部に新たな保育施設を設置する場合でも、設置に対する問題があり簡単に実現することができません。この悪循環により待機児童が増えていることになります。  

都市部以外でも沖縄県は、都市部の待機児童の理由とは異なります。それが女性の就業率が他の地域と比べて低いことです。また、長年アメリカの占領下に合ったことにより保育園の整備が遅れていることも原因の1つと言われています。実際に保育園の割合を人口比率で比較すると沖縄は全国でも1位となっています。これらの問題を解決するためにも保育所の設置が必要不可欠となります。そのためには、様々な問題を解決していく必要があります。

保育施設を設置できても保育士が不足していることなど別の問題も発生しているため待機児童の減少を加速させることが難しくなっています。これらの問題を解決するために国では新たな支援対策をスタートさせています。国有地の利用や小規模保育事業などの新制度の先取りなどの問題解決を進めています。

トップページ 保育所の設置問題 都市部に集中

新たな問題リンク集 サイトマップ
Copyright©2017 保育所が足りない!待機児童対策について All Rights Reserved.