保育所が足りない!待機児童対策について


保育所と待機児童問題
保育所の設置問題と待機児童問題は、表裏一体の関係にあります。保育所を増やすことが待機児童を減少させることになりますが、保育所を設置することはそれほど簡単なことではないです。そのため待機児童問題が簡単に解決しないことになります。これらの問題は、原因がありますが国の対策と地域の問題の解決を速やかに行わなければいけません。しかし、国の対策取りも地域の問題が大きく簡単に解決できないのが現状です。   

現在いろんな地域で保育所の設置を行っていますが、地域とのトラブルにより簡単に設置ができないのが現状です。そのため待機児童が増える一方で待機児童を受け入れる施設や機関が不足していることになります。待機児童問題は、女性が働く必要がある家庭で子育て中の親や保護者が働いている時間子供を預ける施設に入所を希望しても施設等が満員で入所できないことで入所待ちの児童が家庭で待機している問題です。

待機児童問題では0歳児から3歳児の入所や引っ越しや転園により新たな入所を希望することが困難な状態の児童が該当しています。これらの問題により女性の社会進出は進む中で子供が待機児童となることで母親が働くことができない社会問題になっています。この保育所の設置問題と待機児童の問題により現在多くの家庭で子供たちが順番を待っていることが続いています。

この保育所の設置問題と待機児童問題について、現在どのような状況になっているか次のページから説明させていただきます。


【 保育に関する外部リンク 】
保育所の設置問題だけでなく、保育士の人材不足も問題の一つと言えます。昨今は保育士が不足状態ですので、有効求人倍率は高いです。特に、これから保育士を目指す方は、保育士の求人サイトを活用すると良いでしょう ⇒ 保育士 求人サイト
トップページ 保育所の設置問題 都市部に集中

新たな問題リンク集 サイトマップ
Copyright©2017 保育所が足りない!待機児童対策について All Rights Reserved.